脚の太り方のタイプ!あなたは何太り?

2018年12月5日

脚の太り方のタイプ

 

美脚って憧れますよね。

だけどどうしたら美脚になれるでしょうか。自分の脚で気になるところはどこでしょうか。きっと太ももではないでしょうか。

日本人はん上半身に比べて脚が太いといわれます。

日本では古くから床で生活する習慣があり、正座などにより骨盤が歪んでしまうといった話もありますが、最近では欧米風の生活になってきてそれが理由でもでもないようです。

下半身というのはどうしても重力の関係で血液がたまりやすくくなっています。

夕方足がむくみやすいというのはこういった理由のためです。

足を動かさないデスクワークをしている人は特にそうではないでしょうか。

 

ただ注意したいのは、むくみをそのままにすることです。

むくんだあとストレッチをすると回復するのですが、慢性的なむくみをそのまま放置しておくと

脂肪がセルイライトになってしまって下半身太りの原因になってしまいます。

 

このほかに学生時代運動部に入っていたりして筋肉がついている方もいますが、

筋肉を使わなくなったため筋肉が固くなってしまったという方がいるのではないでしょうか。

 

堅くなってしまった筋肉というのはエネルギーを消費することが出来にくくなってしまい、

血行もわるくなり脚が太くなってしまうということがあります。

 

この他にも脚が歪んで太くなるタイプや、脂肪による太くなるタイプといったように

脚太りにはいろいろなタイプがあるので、まず自分はどのようなタイプかを考えてみましょう。

下半身にはセルライトが付きやすい

下半身太りというとただ全身に脂肪がついているのではなく、

下半身だけに脂肪がついてしまっていることを指します。

 

上半身は痩せているのに、下半身だけに脂肪がついているというパターンは意外に多いのです。

下半身というのはセルライトが付きやすく、落ちにくいので下半身太りというのは痩せにくいそうです。

 

普通にダイエットをしていても、なかなか落ちないから挫折したなんていう経験がある人もいるのではないでしょうか。

 

まずセルライトなんですが、簡単に言うとコラーゲンがガッチリと固まってしまっている状態をイメージしてください。太ももの皮膚を押してみるとボコボコしていませんか?それがセルライトです。

 

このセルライトはカロリー制限をしてもなかなか落ちないので、下半身は痩せにくいのです。

このセルライト、放置しておくとどんどんひどくなり見た目もボコボコになってしまうということもあるようです。

 

セルライト一度できてしまうと、なかなか解消しづらくなってしまいます。

下半身をすっきりさせ美脚を目指すにはまずセルライトが出来ないようにするのが一番です。

 

セルライトができる原因というのは、体内の循環不良。

 

代謝が悪いと体の中の老廃物がたまってしまい、セルライトができるというのです。

そうならないためにも体内の循環をよくするようにしましょう。

 

一度できたセルライトを完全になくすのは難しいことです。

ですが体内の循環を良くし軽減は可能なのでまずはこのことを頭に入れておきましょう。

 

老廃物の貯まりにくい循環の良い体を作るのは正しい食事と適度な運動です。

色々なダイエット法がありますが、基本はまず健康な体を作ることが大事です。